逆援で年齢に気を付ける

逆援という言葉を知っていますか?
逆援という言葉は知らなくても援助交際という言葉は知っている人が多いと思います。
逆援とは援助交際の逆です。つまり女性が男性をお金で買ってセックスをする事を言います。

逆援のトラブルで一番多いのは金銭面のトラブルですが、金銭面のトラブルよりも怖いトラブルがあります。
それは児童買春・児童ポルノ法に違反する事です。

逆援では通常お金に余裕のある女性が若い男性をお金で買う事を言いますが、若い男性が18歳未満なら、それは法律に違反する犯罪行為になります。よく社会的地位のある男性が女子中高生と援助交際をした事がニュースになり、そのため、たった一度のセックスで地位や名誉、家族に仕事にお金と全てを失う結果が待っています。

最初から相手が18歳未満だと分かっていてセックスをしてしまったのなら自業自得ですが、相手が18歳以上だと年齢を偽ってセックスをし、セックスが終わった後に、18歳未満だと分かったケースでも法を犯した事になってしまうので、捕まってしまったり、相手から脅されたりする可能性もあります。

援助交際、逆援で全てを失う可能性があるという事を自覚し、危ない事には近づかない分別をもつようにして下さい。
危険な遊びも、本当に危険であったのなら楽しむ事は出来ません、遊びは程々にしましょう。

関連記事

|